歓ママの独り言をぽつり、ぽつりと不定期で更新してみまーす。


by kanandmama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


     忙しさにかまけてちっとも更新せずに早一ヶ月・・・
     今年ももうあとちょっとになってしまったわ!
     みなさん・・年賀状とか大掃除とかすることたくさんありますよね。
     私もやらなくてはいけないことがいっぱいあるんだけど、ち~っとも進まない・・・


     先日、末娘の三者面談に行って来ました。
     我が家は20歳・17歳・15歳の子供がいます。
     末娘は年が明けたら受験本番・・・
     いまさらじたばたしても遅いけど(もう成績もでちゃったし・・)
     この子本当に受験生?って感じ・・・の~んびりしてます(笑)

     私が住んでる神奈川県の県立高校は今年度から「学区撤廃」ということで
     県内ならどこでも好きなところを受験できるようになりました。
     
     神奈川県も少子化の影響で、学校の統合や見直しが進み新しく総合高校や単位制の
     高校も増えています。

     それに伴って、受験方法もだいぶ変わってきました。
     長男の時は、志望校を2校選べて、筆記試験の結果で合否を判定する。というケース
     長女の時は、学区はまだあったのですが、志望校は1校で、前期選抜と後期選抜と
     いう形で合否を判定する。というケース
     次女の場合、学区はなく、志望校1校で前期・後期の試験を受けるというケース

     この5年の間、変革の時期だったようで毎年毎年、受験の方法が変わっていき親も
     ついていくのが大変でした。

     前期選抜とは・・内申点と面接そしてアピールポイントが重視され学科試験なし。
     後期選抜とは・・従来の入試方法(学科試験)で選ばれます。

     アピールポイント・・・つまり生徒会活動や部活動など3年間でどのようなことをやって
                  きたかということが点数で評価されるのです。
                  たとえば、生徒会会長・・5点とか、○○部部長・・3点とか
     なので受験のために委員会に入ったり、みたいな感じも少なくありません。

     それって・・・・どうなのかな?っと長女の時から思っています。
     成績も絶対評価になって学校間の格差も毎年問題になっているのです。

     大学入試でも一芸入試やAO入試(自己推薦)などが多いので、仕方ないのかなとは
     思いますが・・・


     まぁ、なんでもいいから自分の希望する高校へ無事合格できて3年間楽しく通って
     くれればいいなぁ・・と子供たちには言っています。
     そしてそれは、母の小さな願いでもあるんです。

                    がんばれ~!受験生!!    


                 
[PR]
by kanandmama | 2005-12-12 15:17 | 家族