歓ママの独り言をぽつり、ぽつりと不定期で更新してみまーす。


by kanandmama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:秋の夜長に( 1 )


      9月に入って朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
      我が家の庭でも虫たちが綺麗な音色を奏でています。

      これからの季節、味覚狩り、紅葉狩りなど夏とは違ったどこか赴きのある
      楽しみが満喫できますね。

      そして秋の夜長にワイン片手に読書でもいかがですか?
      もちろんビールでもチュウハイでもOKですよ・・・
      
      私は仕事場への電車の中で、ほんの十数分ですが読書タイムとしています。
      読み始めると時間て短くてちょうどいいところで続きなんてこともしばしばあります。
      いままで読んだ中で、私のお気に入りを紹介したいと思います。
      もし気が向いたら本屋さんで立ち読みでもしてみてください。
      あっ!でも本屋のおじさんに怒られない程度にね・・・!

e0043687_15552177.jpg『忘れ雪』     これはお勧めNO1(何故か息子もはまりました)
ある意味純愛小説かな?
仔犬を拾った少女とそれを助けた獣医を目指す少年の
悲しくてほろ苦く切ない物語。
少女と仔犬(クロス)は家庭の事情で少年と8年後の再会を約束して引っ越していってしまうのです・・・果たして再会できるのでしょうか?
胸がキューンとなります・・・!  
                       詳しくはこちらをどうぞ 


e0043687_1632119.jpg『ある愛の詩』      こちらも親子して夢中で読みました
忘れ雪と同じ作家の本です。
こちらは小笠原でイルカとともに育った少年と東京から来た声楽家志望の少女の物語。
小笠原の美しさとイルカ(ラティス)の繊細さが二人の物語を彩ってます。
こんな風に人を愛せたら、人に愛して貰えたら幸せだなぁって
つくづく感じました。
                          詳しくはこちらからどうぞ



      
     新堂冬樹さんの著書って大きく分けて二つパターンがあるんです。
     上の二冊のようなメルヘンちっくな純愛小説とミステリーというかハードボイルドと
     いうか。ちょっとどろどろした小説に・・・
     私はもっぱら純愛小説ファンですが・・・
     これから最新作を買ってみようかなって思ってます。

     今日はここまで・・・でもまだ続きます。

     さてさてかわいい(?)『歓』のところへ行ってこよう!!  
      
    
 
  
[PR]
by kanandmama | 2005-09-05 14:38 | 秋の夜長に